Back to Top

2014/05/20

mon

人間は自分のする仕事が直接目に見えないと、仕事をする気にはならないものだ。第一線の本当に働く人だけで仕事をやったらいいだろう。人間があまりに多いと、自分の仕事の持ち分がわからなくなる。そうしたときは働かなくなる。

 



「顧客すごろく理論」でユーザー心理を知ろう
  • 「顧客すごろく理論」でユーザー心理を知ろう

  • https://netshop.impress.co.jp/node/9
  • (以下、本文からの引用)
  • この本では、ネットショップのユーザーを大きく4段階に分けて解説していきます。まだ店の存在を知らない「潜在客」、何かのきっかけでふらっと店に訪れた「来店客」、ページを見て納得して商品を購入した「購入客」、そして商品に満足してリピート購入した「継続客」。ネットショップの売り上げを伸ばすためには、潜在客に対して継続的にアプローチし、1人でも多く来店してもらい、購入客と継続客の人数を増やしていくことが大切です。
CATEGORY
BUSINESS/MARKETING
RECORD DATE
    BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリーをはてなブックマークに追加
「顧客すごろく理論」でユーザー心理を知ろう

この記事と関連のありそうなその他の記事

この記事に興味がある人は以下の商品も興味があるかもしれません